長期休みの地獄

中学受験をする上で長期休みが結構使うことができる場面です。これを有効的に使用するか無駄に過ごすかによっても結構中学受験の合格に変わってくることがありますので、よく考えて行動をしないといけません。

長期休みで注意しないといけないのが遊びすぎることです。長期休みは確かに学校が無いから勉強をさせるのにとても良いタイミングではありますが、すべての時間に勉強を入れることは勉強の意欲上難しいでしょう。ですから、ある程度の休みが必要です。

しかし、その休みが多すぎるのはよくありませんのでしっかりと子供のコントロールをしましょう。必ず決められた時間を勉強に充てるようにしないといけません。ただし、それが本当に大変で下手なやり方をすると中学受験に響くことになります。ですから、あくまで勉強を促すようにしましょう。

長期休みこそ目標を作るのが良いです。細かい目標を作ってそれをクリアできるようにしましょう。そうすれば、仮に一つの目標が失敗した場合、それを補うための目標をすぐに作ることで長期休みをこなすことが出来ます。

中学受験近くなら結構難しい目標を作る必要がありますが、中学受験が遠い場合はそこまで難しくなくても良いです。しかし、簡単過ぎるのはよくありませんので注意しましょう。あまりにも目標を超えられない場合にどうするかをよく考えて対策をすることでしっかりと勉強することができるでしょう。もちろん、目標クリアのした場合はしっかりと褒めることを忘れないようにしてください。