面接の練習

中学受験には面接があります。ですから、こちらの練習をしないといけません。特に、合わせる必要があるところはしっかりと合わせて練習をしないといけないので、中学受験の面接を頑張ってこなすようにしましょう。面接の練習が本当に大変です。基本的に今までやってきたことを言えば良いのですが、やはりある程度合格をするためには少し細工をする場合があるでしょう。そのような場合に子供に教えていかないといけません。

しかし、この中学受験の面接の練習が良くない結果になることがあります。例えば、その細工が裏目になってしまい、結果的に中学受験の合格が危うくなることがあります。特に、親と子供との不一致や子供のアドリブが出来ない状態でダメになることがあるので注意しましょう。ですから、下手な細工をするくらいなら細工しないでそのままの子供の状態を中学受験の面接で見せていくのが良いです。そのほうが子供も面接に向かいやすくなります。

面接をする上で、重要なのが何を答えるかではなく、しっかりと答えられるかです。ですから、そちらの方の練習をする必要があるでしょう。親と練習するよりも、他の人を使って面接の練習をしたほうが良いのでよく考えて練習をしてください。ちなみに、中学受験は親も面接をするので親の方もできるようにしておきましょう。