教育の仕方

教育の仕方を間違えると本当に良くないことが起きます。中学受験がどうのと言うよりも、これからの状態をも悪くすることがありますので、教育の仕方には注意です。特に、褒め方と怒り方についてよく考えないといけないでしょう。

中学受験を合格するためには、子供との生活の仕方が結構重要になります。生活をする上で、親と子供はある意味では一番近い位置に居ますので、子供の教育をするなら親がしないといけません。その時の教育のやり方を間違えると中学受験に合格できないどころか、今後の生活にも良くない状態にしてしまうことがありますので注意しましょう。特に褒め方と怒り方に注意しましょう。

褒めるときはしっかりと褒めて、怒るときはしっかりと怒るというのが良いのですが、怒り方に注意しましょう。しっかりと怒るにしても、ただ怒鳴りつけて恐怖を与える怒り方はNGです。あくまでも、どのようなことが悪く、このようなことをするようにという怒り方をするようにしましょう。中学受験で結構怒ることがありますが、その時に注意するようにしてください。

怒鳴るのではなく、冷静にダメなことを指摘しないと後々よくありません。例えば、怒鳴られるのが嫌だからと言ってテストを隠す、平気で嘘を吐くような子供になってしまうことがあります。それは本当に良くない教育の仕方なので中学受験以降のことを考えて教育をしましょう。