中学受験鬱

中学受験をするに当たり、注意しないといけないのが中学受験鬱です。受験のために勉強をするという状態が鬱状態になることがありますので注意しましょう。また、子供だけでなく親の方も注意しましょう。むしろ親のほうが危険な場合があります。

小学生ですので鬱の症状が出るにしてもそこまで問題となる症状が出ないことが多いのですが、それでも勉強をしたくないことにより鬱状態になって中学受験どころではなくなる場合があります。そのような状態にならないためにも目標を作り達成感を出したり、目標毎のご褒美を出したりして鬱にならないようにしましょう。実際それをしっかりとしていれば受験勉強も集中してできるし、問題なく合格までできるようになるかもしれません。

問題になるのが親のほうです。親の場合は基本的に鬱になりやすい年齢を超えているので、場合によっては本当に鬱になることがあります。そうなると本当にやる気が無くなって生活がかなり大変なことになる場合があります。そのような事にならないための対策としては気楽に行くことです。あまり思いつめることで鬱になりやすいでしょう。

中学受験をするのは子供の方です。親が心配するのはわかりますが、子供以上に思いつめるようなことはないようにしましょう。ちなみに、中学受験にかかるお金のことを考えて鬱になる場合もあります。